講師による講義のデメリット

事前の打ち合わせに時間を要することがある

講師を招待して行う講義形式の社員研修は、個々の社員が新鮮な気持ちで様々なテーマに取り組めるという魅力がありますが、講師のスケジュールを調整するために長い期間が必要となるケースも珍しくありません。特に、多忙のためにアポイントが取りにくい講師を選ぶ場合は、人事担当者の負担が大きくなるため、慎重に研修の計画を立てることが肝心です。 そうした中、特定のテーマの講師を速やかに選定するにあたっては、社員研修の仲介をしてくれる会社に頼るという方法もあります。こうした会社にお世話になることで、講師の手配だけでなく、研修で使用する教材の作成や、プロジェクターやスクリーンなどの資材の提供など、ニーズに合ったサービスを利用することも可能です。

社会的に優れた実績がある講師にお願いする時は費用が高額になる

専門分野で実績を上げた人に社員研修の講師を依頼する時は、研修の実施期間やテーマ、社員の人数にもよりますが、費用が高額になる傾向があります。たとえば、ビジネスで成功を収めた講師による講義形式の社員研修は、トータルで百万円を超えることが珍しくなく、経営を圧迫しないために、研修の効果だけでなくコストにも着目をして講師選びをすることがポイントです。 そこで、少しでも講師の費用を節約するには、NGOやNPOなど非営利の組織で代表を務めている人や、国や自治体の課長クラスに掛け合ってみると良いでしょう。なお、年度初めなど全国的に社員研修が集中しやすい時期は、通常よりも講師の依頼費用が高くなりやすいため、場合によっては時期をずらすなどの対策も必要です。