どんなときにプレゼンテーションを取り入れるべきか

仕事をより楽しむために

自分の思いや考えがうまく伝わらない事はありませんか?そう感じることが多い方はプレゼンテーション力を高めることによって更に力を発揮することができます。

プレゼンテーションは聞き手に分かりやすく伝え、相手側に理解・承認してもらうための大切な手段です。

聞き手に興味を持ってもらえればより理解深め合える関係になり、そうすることによって社内での理解者を得て仕事を一緒にしていくうえでより良い環境を築くことができます。

プレゼンテーション力を高めることができれば発言力が増し、仕事に対し積極的になります。自分が提案した事が仕事になればモチベーションにも繋がります。

仕事を楽しむためにプレゼンテーションについてもう一度考えてみてはいかがでしょうか?

大切な3つのポイント

プレゼンテーションはとても大変で念入りに準備をし何度もリハーサルを重ねていると思います。

そこで3つにまとめた要点をご紹介したいと思います。

1.感情に訴え論理的に:論理的のみの場合、提案の説明だけで淡々と進んでしまい聞き手側も途中で飽きてしまいます。また、感情的のみ場合、話したい事がまとまっておらず、曖昧な提案になってしまいます。

2.相手の理解力に頼らない:なんとなく意思疎通を図ろうとすると、誤解やトラブルが生まれやすいです。相手にとって分かりやすく提案し、しっかりと言語化して明確に伝える。

3.相手のためになるメリットを伝える:自分の提案やお願い事だけを語るのではなくその提案をすることによって、相手がどのようなメリットがあるかをしっかりと伝える。

相手の気持ちを考えることがプレゼンテーションでは大切で、スキルアップしていくことで客観的に物事を捉えられる力なども身についていくと思います。