講師による講義のメリット

楽をできて確かな知識を得られる

自社スタッフで研修をするというのは結構大変で、企画を考えたりレジュメなどのツールを作成したりする必要があります。研修に使う資料も最新の情報を反映したものにする必要があり、そうなると、内容によっては数か月かかることもあるでしょう。外部講師に依頼すれば、こういったことを行ってくれるので、とっても楽になります。外部講師は、研修のプロフェッショナルです。たとえばですが、病気になった場合、医者と、医学に詳しい一般人からのアドバイスだと、どちらが参考になるでしょうか。通常、医師からのアドバイスの方がためになることが多いです。プロなので、自社の弱みを解消するため間違いない助言を得られることが期待できるので、研修での時間は濃いものになるでしょう。

外からの目線で意見が聞ける

国内には会社は多数ありますが、企業ごとによって考え方や慣習はことなるものです。ビジネス展開をしているさいに、なんらかの問題がある場合に、自社スタッフだけが考えて有効な対応策を出せない場合もあるでしょう。外部講師は、さまざまな会社を実際にみてきたり参考書籍で学んでいたりするので、外部目線の意見を聞くことができます。研修では、講師がビジネスマナーを守った上でライバル企業の成功事例や失敗事例などを、聞くことができる場合も。その話は、インターネットや書籍では確認できない、自社の問題を完全するための貴重なヒントになることもあるでしょう。問題点を早期に把握できるようになると、迅速に改善策を講じやすくなる結果、企業の競争力が上がることが期待できます。