プレゼンテーションをさせるメリット

プレゼンテーションってどういう行為?

プレゼンテーションの重要な点は、発話者だけでなく聞き手がいるという事です。
どれほど素晴らしい内容であっても、伝え方を工夫しなければ聞き手には届きません。

と、いきなり言われてもピンとこないと思います。具体的にはどうしたらいいの?という話ですね。

聞き手がいるとはどういう事なのか考えてみましょう。
相手は人間なのですから、当然、それぞれの意見を持っています。あなたの発話に賛成する人もいれば反対する人もいるでしょう。
これは、あなたの発話に対して利益があるのか、不利益があるのかという事に言い換える事ができます。

相手に伝わるプレゼンテーションとは、相手に利益があると思える話という事です。
誰だって、自分に無関係だったり不利益な話を聞こうとは思いません。

プレゼンテーションは相手の立場や利益を考え、こちらは相手にとって利益を与えることのできる存在だと伝える行為だと言えます。

プレゼンテーションは相互に利益がある

プレゼンテーションは相手の利益を考える事であると同時に、発話者側にも利益があります。

相手の利益が何であるか、相手が何を欲しがっているのかという事が明確になれば、自ずとこちらの提案も明確になります。
自らのプレゼンテーションの中で、相手に無関係もしくは不利益につながる部分は極力最小化し、逆に共通の利益になる部分は最大化していく過程は、より細かく自らのプレゼンテーションの中身を見直す道しるべになるでしょう。
また、共通の利益を持つ聞き手側からの質疑は、こちらのプレゼンテーションの弱点を補完するためのヒントになってくれます。

ある出来事に対するプレゼンテーションを行う時、発話者と聞き手は、全員で一つの作品を作り上げていくパートナーに近い関係にあると言えるでしょう。