研修の実施方法として典型的なものに講師を招聘してセミナーを実施してもらう方法があります。最近ではこのような方法よりも研修を受ける人がプレゼンテーションをする方法も選ばれていますが、どのような違いがあるのでしょうか。

どんなときに講師を呼ぶべきか

外部講師を招くメリットとデメリット

研修は、従業員の質を上げるために非常に重要な役割を果たす存在であり、様々な形が存在しています。社内の人々が講師となって研修を行うこともありますが、講師を専業としているわけではないので、自身の経験を話すことができても、それを誰かに教えることはできないという人も多いです。その点、外部の講師を招いての研修は、プロが行うからこそ研修内容を参加者にしっかりと教え込むことができるというメリットがあります。ただし、良い講師、評判の良い講師は、招く際に費用が掛かるということも確かです。むやみやたらに講師を招いていては、痛い出費となってしまいます。どのようなときに講師を呼ぶべきなのかをしっかりと把握して、タイミングをはかって講師を呼ぶことが最も良い研修といえます。

外部講師を呼ぶべきタイミング

講師を外部から呼ぶべきタイミングはいくつかあります。まずは、自社の従業員が講師となって研修を行っても確かな効果が見いだせずにいるときは講師を呼ぶタイミングのひとつです。プロとしての目線で研修を行い、研修内容をしっかりと身につけさせることができるので、効果的な研修となるでしょう。また、外部からの目線が必要となっているときも呼ぶべきタイミングです。自社の欠点などは、内側から見ていてもわからないことが多々あります。外部からの視点で自社の欠点を指摘してもらいたいときに外部の講師は役立ちます。このほか、他社の事例を知りたいというときにも外部講師は役立つでしょう。 外部講師は、様々な企業に研修へ行き、様々な成功事例を知っています。その事例を参考にしたい場合には、外部講師を招くとよいでしょう。

いまさら聞けない?!新人研修とは

新人研修とは新しい職場に務めることになった新人が、その職場で円滑に仕事を続けていくために研修、すなわち仕事の基本的な勉強を実践することです。